main main

fullordermade フルオーダーメイド

フルオーダーメイドで特別な一点を

ハワイアナでご案内しているオーダーメイドは、素材・デザイン・サイズのすべてをオリジナルで制作できる「フルオーダーメイド」です。実は、現地ハワイでもフルオーダーに対応出来る専門店は多くありません。
ハワイアナのエングレーバーやデザイナーは、デザイン画の技術を習得しているため、お客様のご要望にあわせた、デザインをご提案できます。一度フルオーダーのデザインをご覧いただけると、その違いをご体感いただけます。

フルオーダーメイドの流れ

ヒアリング

エングレーバー(彫刻師)またはデザイナーと1対1でヒアリングをいたします。完成品をイメージしやすいよう、過去に制作したジュエリーをご紹介したり、デザイン画を描きながら、ご要望をお伺いし、作成する内容を決めていきます。初回のお打ち合わせは、約1時間ほどお時間をいただきます。

地金素材・幅の選定

ジュエリーに使用する地金素材と幅を決めていきます。
ハワイアナでは、地金の幅は5・7・9mmの3種類。素材は、下記の表にある8種類ご用意しています。

プラチナ

(PT900/PT950)

イエローゴールド

(18KYG/14KYG)

ホワイトゴールド

(18KWG/14KWG)

ピンクゴールド

(18KPG/14KPG)

プラチナ

貴金属の中で、一番強靭性のある素材で、明るく白い輝きが特徴です。
プラチナは純度が高く、アレルギーを起こしにくいといわれる貴金属です。
<種類>
・プラチナ900(PT900)
・プラチナ950(PT950)

イエローゴールド

欧米ではプラチナよりもイエローゴールドが主流となっているそうです。
日本でもファッション感覚で身につけるお客様が増えています。

ホワイトゴールド

プラチナに代わる白い貴金属として流通しています。
シャンパンカラーの地金にロジウムコーティングを施しています。

ピンクゴールド

女性に人気のピンクゴールド。
色合いが日本人の肌に合うため、最近人気のある素材です。

モチーフの選定

ジュエリーに彫るモチーフを選んでいきます。ハワイアンジュエリーの基本的な柄(クラシックスタイル)については、それぞれに込められた意味も含めて、ご紹介させていただきます。またその他、ヤシの木や虹、イニシャルなど、ご自身にとって大切なモチーフがあれば、遠慮なくデザイナーにご相談ください。

モチーフの一例
  • マイレリーフ

    マイレの葉は、古来より神が宿る植物として大切にされており、身に着けることで、神々から祝福や愛が得られるといわれています。双葉が仲良く成長していく姿は、夫婦や家族の「絆」の象徴です。

  • スクロール

    古くから波は、海から幸せを運んでくるとされており、寄せては返す美しいスクロール(波)模様は、永遠に途切れることのない愛を表します。「幸せが途切れることなく、繰り返しくるように」という願いが込められています。

デザイン画の作成・決定

決定したモチーフをもとに、デザイナーがオリジナルデザインをご用意します。デザインの途中でも、追加したいものや変更したい柄などはいつでもお申し付けください。世界で一つのハワイアンジュエリーです。何度でもご提案させていただきます。

彫刻

デザインが決定したら、最後に使用する地金・幅・サイズなどを最終確認した上で、彫刻工程に入ります。確かな技術を習得したエングレーバーが、あなたの大切なジュエリーを制作させていただきます。

お渡し

ジュエリーが完成したら、トップエングレーバーによるクオリティチェックを行った後、お渡しとなります。

商品のご購入は下記よりお願いいたします